笹の葉はサラサラ

きのうは七夕でしたね!て書こうと思ったら七夕はもうおととい。

時間どろぼうがでたぞー

 

七夕。

ずっとひとりぼっちで黙々と機織をしていた織姫にご褒美をあげたくなった神様が、じゃー結婚でもさせてやろうかって言って彦星を添わせてあげたところ、不運にも恋をすると仕事が手につかなくなるタイプだった織姫はぜんぜん機織らなくなっちゃって、あーこれじゃだめだわ織姫恋愛禁止ね!ってことで年一回しか渡航便のない僻地勤務に移動させられたうえに飛行機は季節柄欠航しがちでなかなか会えないの遠距離恋愛は悲しいね、ていうお話らしい。

ヤフーのトップページに書いてあった。

 

初めての恋にうかれる織姫を許さない神様はちょと偏狭。

 

とはいえお仕事は大事よ。うかれててもキチッとやらなきゃだめだぜ織姫ー

どっぷりはまって「あなたがいれば他には何も要らない。あなたしか見えない」ってタイプだったのかな?重いおんなだったのかな織姫。

 

「いまあなた他のコ見てたでしょキー」とか。

「わたしがいるんだから友だちはいらないよね、わたし以外のひとと会わないでよ話さないでよわたしのことだけ見ててよ」とか。

「ねえどうしてメールくれないの2時間も音信普通なんてありえないし会議中だって返信くらいできるでしょわたしいつもあなたのこと考えてるんだよあなたもわたしのことだけ考えてよ」とかー。

束縛したり!

ヒスったりー。

度を越した束縛は暴力。

まさに神のような広い心を持っているであろう神様が、こりゃだめだーって引き剥がすくらいの強烈な技を繰り出していたんじゃないかと想像します。だいたい洋裁が得意な女子は情が深いっつーか思い込みが激しいっていうかまあ、重いからね!

 

そんなわけで、貧乏くじ引いた彦星に同情です。

 

おおくぼも洋裁とくい!

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.