怖い粉

育ててます、宇宙メダカ。

 

宇宙メダカっていうのはねー

17年前に向井千秋さんが宇宙飛行したときに、いっしょに宇宙に連れて行かれたメダカ(コスモ♂・未来♀)とその子孫のこと。

スペースシャトルの無重力空間でみごと交尾・産卵・誕生を果たして、地球に帰ってきたあと愛好家に大事に増やされたんだ。

いまは全国の小中学校に配られたりオタクに飼われたりしてる。

 

うちにいるのは、宇宙メダカ23世。

見た目はふつうの緋メダカだけど、なぜか系統的に宇宙酔いをしないんだってさ。地上ではまったく役に立たない能力が無駄に備わってるとかって、ほんと謎でロマンだわー。

興味があるよという方は宇宙メダカ研究会のHPでも覗いてください。

トップページ画像は、青い地球をバックに交尾をしている二匹のメダカです。

http://cosmo.ric.u-tokyo.ac.jp/SPACEMEDAKA/textJ.html

 

さて宇宙メダカ。

じゃんじゃん稚魚が孵るんで、稚魚用の餌「よく食べるニューベビー」をやってる。

細かい粉状餌なんで、アンチョビの空き瓶に入れてるんだ。

その餌がねぇ、どーにも散らかるの。ちゃんとふたしてるのに、いつのまにかテーブルの上やら瓶の外側に細かい粉がぱらぱらしてるのよ静電気のせいかな?てあんまり気にもしてなかったんだけど。

 

今朝いつものように稚魚に餌をやろうとして気がついた。

粉が、動いてる。

餌の表面が、なんか動いてるように見え・・・

え、

ええええええええええええええええええええええ こ!

これは!

 

 

そうなのん、虫だったのー

餌の粉のひと粒ひと粒が全部、細か~い、ちっちゃ~い虫だった。

餌だと思ってた粉、全員虫だったー

ぢにゃー!!!!

 

地味に微妙にうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうごうご

動いててね~

全体が、まるでさざなみのように~

 

やぁ、心底びっくりしました。

鳥肌ってほんとにたつね!

 

 

気持ち悪いから捨てちゃったけど、稚魚的には「よく食べるニューベビー」より虫のほうがフレッシュかつハイカロリーでよかったのかなぁと後からちょと思った。

 

 

あと、この国産アンチョビおいしいよ。おすすめー。

http://www.isfoods.co.jp/product2.html


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.