みょうじ上海、なまえ蟹。

ちょと早いけどお誕生日プレゼントー!って、上海ガニをもらったのん。

生きてるやつ。ギッチギチに縛られてて、目だけひくひく動くんだ。

これ水槽で飼えないかなって一瞬だけおもった。

 

生きたまま蒸して食べるとおいしいって教わったんで、蒸し器にお湯を沸かしたんだが

なんかちょとセンチメンタルな気分になっちゃってねぇ。生きてるし。

最期に楽にしてやろかーと思って、水に入れて紐をほどいたらば。

動き始めたのいきなりリアルな蟹の動き。

びっくり!蟹だよこれ。死にかけと思ったら意外に元気。超・リアル・蟹!!

イナカ育ちで沢蟹ならよく捕って遊んでたけど毛蟹はなじみがないのよでかいハサミがこわい。

びびってあわてて蒸し器に放り込んだよ。

勝手だ。

うすっぺらいホトケ心だわ

自分の醜い部分見たよ。

 

15分後、みごとに蒸しあがった上海ガニ。

いまの時期はオスのほうがおいしいんだって。

なるほど、お腹に抱えた精子がねっとりとしてとてもおいしかったです。

肉体を提供してくれた蟹さんどうもありがとうございました。

 

あしたは、富士宮やきそばを食べます。

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.