皮膚、マイラヴ

お風呂に入ってて思ったの、もしも皮膚がなかったら、全身傷口。

 

全身ズルっと傷口だよ。血液やら組織液やらじくじく滲んでそれはたいへんだ。

「きゃあシャワーが沁みるぅ!」どころの話じゃないよ。

 

もし皮膚がなくなったら、困るからキズパワーパッドで全身を覆おう。て思いついて

いやいやいや何枚貼るつもりよ全身覆うの大変だよ絶対すんごい高くつくよありえないよだいたい汗かけないし。と速攻却下。

医療の分野では人工皮膚とかふつうにありそうだけど。やぱ高価なのかな。リアル皮膚の働きをぜんぶできるんだろか。

 

水分の多いじゅるじゅるの柔肉を閉じ込めつつ、同時に日光や外気やあらゆる刺激から保護し、不必要なものを排泄し、たえず生まれ変わり、常に新品。

もんのすごい素材。

皮膚。

これが標準装備されてる人体。

にんげんはほんと良くできてるね!

 

 

お風呂に1時間浸かったけど、肉に湯が浸みませんでした。皮膚のおかげです。

ふやけながらも一心にわたしを守るナイトがここにいたわ。近すぎて気がつかなかったわ。

愛はいつも、すぐ近くにあるのん。

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.