もう行くわ。舌が迎えに来たから

 

 

現実のホットケーキは記憶のなかのホットケーキを越えることができない、絶対に。

だけど、この世のどこかにきっとあるはずなんだ。セピア色の郷愁のなかで失われた、あの夢のようなホットケーキが。

 

という気分でちょとホットケーキ食べに行ってくるわ。

2軒行く。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.