お仕事

トリックアートで脳のたいそう!おもしろトリックワールドにイラストを描かせていただきました。

 

小学生向けのだまし絵の本なの。おもしろいよー

脳が見ている絵と実際の絵はちがうかもしれない。見方を変えて見てみよう、ていうね。

 

絵を描くって行為は、平らな紙面に奥行きのある世界を作り出すってことで、そもそも騙し絵みたいなもんなんだ。そこに世界はないの。紙の平面があるだけ。

映画やテレビもおなじだよ。空間だと思って見ているのは、スクリーンや液晶の平面なんだ。

そういうこと考えていくと、世の中って本当に不思議、よくできてる。

 

コンビニのお菓子を食べるとき頭は、お菓子本体じゃなくてパッケージやCMイメージを食べているんだ。

脳は、視覚だけじゃなくて五感すべてを騙すの。

すごいよねー

こういうことを考えていくと、世界はおもしろくて、ちょっとこわい。

 

世界を面白がる気付きをくれる良い本だと思う。

お子さんといっしょに読むといいよ。

 

 

 


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.