風立ちぬ観た

昼間、宮崎駿の引退会見をニコニコ生放送で観ていて

どうにも気になって、そのまま映画館に行ってきました。

 

「風立ちぬ」 

怖い話だった。

お金持ちのボンボンがのんきにヒコーキ作る話だよ☆って言ったのだれ!

超怖かったよ。

ローテンポの美しい音楽と、美しい映像。のんびりした主人公が、美しい夢の飛行機を作る物語。

に、ずっと惑わされていたかった。

すげー怖かった。

研究者の、愚直で純粋な残酷さ。世の中に対する鈍感。

キラキラした目でまっすぐに情熱を注いで作る夢の飛行機は、ゼロ戦。

あえて描かない葛藤。

ナオコの死も、なにもかも美しく描くから、余計に腹の底が冷たくなったわ。

これって、堀越次郎へのリスペクトを装った悪意の映画なのかも?って、邪推したくらい。

 

ラストで、夢の中でカプローニが誘ったワインはきっと血の味がするんだろう。

 

 

そんな怖いお話を、ゆったりのんびり美しく描く宮崎駿。

すごいひとだわ。

 

 

先週観た「ムカデ人間」よりも恐ろしかった。

(「ムカデ人間」も良い映画なので観るといいよ。ヘンタイ博士が人間の口と肛門をつなげてムカデ人間を作るお話。ギャグ要素の強いB級ホラーかと思ったらちがった。心理描写ちゃんとしてる。怖い。ちょっと引いた目線で人間を描いているせいで、明確な主人公がいないのもリアリティがあってよかった。ラストの絶望感ものすごい。)

 

ところで、引退会見で

「この世は生きるにあたいするのだ、というメッセージを子供たちに贈りたくて映画を撮ってきた」みたいなことを言ってた宮崎駿が

「とはいえ自分は、この世が本当に生きるにあたいするかどうか、本当はよくわからない」てな風なことをポロっと言っていて

いつも映画の中で生きろ生きろ言ってるのになぁ、不思議だなぁって思ったんだが。

 

「風立ちぬ」でも、消えていくナオコに「あなたは生きて」って言わせてて、

へぇ、と思ったっけ。

(巨大な十字架を背負った夫に、笑顔で「生きて」っていうの。怖いでしょ)

 

この世は生きるにあたうものじゃないかもしらんが それでも生きなさい、って、すごいメッセージだなぁ。

 

 

てなわけで、「風立ちぬ」おもしろかったです。

みんなもジブるといいよ。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
© Copyright © 2009. Okubo Shino. All Right Reserved.